バッジ

弁護士の活用で複雑化した問題を解きほぐしていこう

事故の補償

交通事故の被害にあって、唯一使える特約

交通事故に合った時は相手側の保険会社から賠償されます。しかし被害にあったケースで唯一使える特約があります。「自動車事故弁護士費用特約」です。任意の特約ですので100%加入しているとは言い切れませんが、外交員から入るように言われた方も多いようで、加入率は高いようです。 これは、交通事故の被害者側になった時に、相手側と交渉するための弁護士費用を支払います、という特約です。弁護士費用は300万円前後まで補償されるようです。これだけあれば、費用の心配なく弁護士に依頼できます。

どうして弁護士が必要なのか

どうして交通事故で弁護士が必要なのでしょうか。相手も保険に入っていることだし、賠償金はもらえるのではないでしょうか。 慰謝料や賠償金は、もらえることには変わりなくても金額は少ないでしょう。保険会社の提示する金額は、おおむね自賠責基準だと覚悟しておいてください。それでも保険会社は示談をまとめようとするでしょう。確かに専門用語を持ち出されたりすると、こちらは太刀打ちできないかもしれません。そんな場合に弁護士が強い味方になるのです。交通事故問題に強い弁護士に、特約を使って依頼してみてください。賠償額は大幅にアップします。インターネットで検索してみてください。その手の交通事故の事例がたくさん見つかります。 もし弁護士費用特約に加入していなかったとしても、初期費用は一切かかりません。弁護士費用は、賠償金から差し引きますので、お金を用意することはありません。着手金ゼロで引き受けると言うことは、それだけ結果に自信を持っているのかもしれません。