バッジ

弁護士の活用で複雑化した問題を解きほぐしていこう

把握しよう

離婚した時に慰謝料がもらえる場合

日本人の中で結婚後に離婚する割合は年々高くなってきていると言われています。離婚が多い年代は20代前半で最近では熟年離婚と言われるように、50代や60代でも離婚する方が多くなってきています。 離婚の原因は、人それぞれですが、不倫や浮気、DV、セックスレス、悪意の遺棄等があげられます。離婚をする際に一番協議する内容が、慰謝料です。これは離婚原因にもよりますが、100万円から500万円程度と言われています。この慰謝料の金額は、相手の年齢や年収、子供の人数によっても変わってくると言われています。 慰謝料を相手方に請求する場合は、お互いの協議で納得する場合はいいですが、そうでない場合は、裁判という形をとる場合もあります。

生活に必要な費用を確保する

原因は多種多様ですが、離婚には慰謝料がつきものと言っていいほどに慰謝料を求めるケースが多いと言われています。これは離婚原因を作った相手からの償い料だという見方もありますが、慰謝料が相手の一時の生活費とされる場合もあります。手に職を持っていれば別ですが、専業主婦だった場合、離婚する事により、収入が途絶えてしまいます。それでは、生活はできなくなりますので、一定の慰謝料が必要となってきます。慰謝料が求められる場合が多い理由の一つとしてそういった事が考えられます。お互いの話し合いで折り合いがつかない場合は、弁護士に依頼することも一つの方法だと考えられます。原因を明確に証明できることが希望の慰謝料の請求につながるものだと考えられます。